デザイナーズマンションをどう選ぶ?人気のランキングの中身とは?

男性

おしゃれなマンションに住みたい

マンションの種類には、デザイナーや建築家の人が、マンションのデザイン・設計・コンセプトを決め建築されたデザイナーズマンションというものがあります。ほとんどのマンションも建築家の人がデザインや設計を考えていますが、そのようなマンションよりも内装にすこしだけこだわりのある設計で作られているのが、デザイナーズマンションと呼ばれています。賃貸ではなくマンションを購入したいという場合、中古マンションとして販売されていることもあるためチェックしてみると良いでしょう。

マンション

デザイナーズマンションの魅力

デザイナーズマンションの魅力は、マンションの内装以外にもあります。室内の機能性に優れている物件が多く、地震による災害の多い日本に嬉しいコンクリート打放しや、天井を高くする事で収納や色々な要素に使える中二階という設備があります。

握手

デザイナーズマンションは家賃が高い?

デザイナーズマンションは普通のマンションと比べて内装にこだわりおしゃれな所が多いです。中古マンションでも綺麗なマンションはたくさんあります。しかし内装にこだわりのある分、家賃が高いのがネックになっています。しかし、土地柄やマンションのデザインによっては思ったよりも使いづらい為、家賃が安く設定されている物件もあります。デザイナーズマンションを賃貸で借りる場合は、安い理由をよく調べたうえで借りるようにしましょう。

デザイナーズ物件はどこを重視する?選ぶ基準ランキング!

男性
no.1

防犯性の高いデザイナーズマンション!

自分が暮らしていく家の防犯はとても大事です。特にデザイナーズマンションは、見た目にこだわったものが多いので、泥棒にも狙われやすい可能性があります。オートロックドアやモニター付きインターホン、防犯カメラ設置、ピッキング対策のされた鍵のように防犯対策のしっかりされたマンションは安心して住むことができます。また、泥棒以外にも不審な人物からも自分を守る事ができます。物騒な世の中だからこそ備えは大切なのです。このような理由で1位にしました。

no.2

耐震性の高いデザイナーズマンション

日本は地震の多い国です。自分の住んでいる地域にいつ地震が起こるのかは予想がつきません。また、一度家を失ってしまうと、次の家を探すにはとても時間がかかります。こんな土地柄だからこそ、頑丈な構造が求められます。耐震構造、精神構造、免震構造が建物に組み込まれている建物は耐震性の高いマンションといえます。しかし免震構造は地震には強いですが、台風の時に起こる強風で建物が揺れてしまう可能性があります。

no.3

機能性の高いデザイナーズマンション

デザイナーズマンションの中には、収納性の高いロフトやシステムキッチンのあるマンションが人気です。

広告募集中